デザイナーに任せる

注文住宅を建設する場合、人によっては一生同じところに住むわけですから、全く無個性の住宅よりも個性的な住宅に住みたいと思うはずです。 その点、注文住宅は個性的な住宅が多いのです。 例えば、デザイン住宅です。デザイン住宅は、そのデザインに特化した住宅で、専門の住宅デザイナーと手を組んで二人三脚で住宅を設計していくために半年や1年は時間がかかると覚悟しておく必要があります。 デザイナーによっては、1年以上は余裕でかかることもあります。また、デザイナーのタイプによっては、その住宅の趣向が全く違います。そこで、できるだけデザイナーが過去に作った住宅例を見ておき、ピンとくるデザイナーがいたらそのデザイナーにデザインをお願いしてみましょう。

注文住宅の中にはモダン住宅という住宅があります。モダン住宅とは現代風の技術や考え方、趣向に基づいて建てられる住宅です。モダン住宅にも何種類かあります。例えば、和風を基調として作られる和モダン住宅、シンプルさにこだわったシンプルモダン住宅などがその例です。 和モダン住宅は、昔から和室にあるふすまや床の間、土塗りの壁など、随所に和の味わいを出すことで、日本本来の気候に合った住宅ができあがるだけでなく、見た目もどこか落ち着きのある感じに仕上がるのです。 シンプルモダン住宅は、豪華な装飾や、無駄な部分をなくし、シンプルに見せます。また、金属やプラスティックを多用して、シンプルな作りにするのです。 このように注文住宅には様々な個性的なカタチがあるのです。