理想通りの住宅

近年空き家問題が深刻化しています。年配の人が持っている空き家というイメージは屋根は崩れ落ち壁はボロボロで住むことが難しい廃墟という住宅をイメージする人も多いようです。しかし現在の空き家は築数年でも住み手がいない、賃貸物件の空き家、空き部屋というのが増えているのです。建築した際にはニーズがあったものでも数年たつとそういったニーズも減少し空室となるケースも多いのです。 このように空き家が増える中で現在注目されているのがある特定の機能を充実させた、特定の人をターゲットにした住宅です。その一つがシェアハウスです。バイクが趣味な人の見が集まる家、漫画家志望の人のみが入居できる家などです。こうしたニーズにこたえるのが注文住宅なのです。注文住宅では防音室を計画したりバイクを鑑賞できるように間取りを設計したりなどそれぞれのニーズに合った住宅を建築することができるのです。

最近では賃貸物件としての一軒家でもより個性を持って何か一つの部分に特化した特徴を持つ住宅のデザインを希望するオーナーも多いのです。こうした住宅が設計できるのが注文住宅です。それもメーカーでは難しい場合も多いので設計事務所などより自由度の高い設計を行う必要があります。 こうした物件の場合ターゲットを絞ってしまうので通常よりも貸し出しにくくなるというリスクがあります。しかしこうした物件を気に入って入居してくれた場合一人の人がより長い期間入居してくれるなどのメリットがあるのです。しかもこうした物件を求めている人の多く多少家賃が高くても入居してくれるなどの魅力もあるのです。そういった意味では時代の求めるものを住宅に反映させたうえで数十年スパンで暮らしやすい空間を注文住宅でデザインすることで空室になるリスクを減らすことも出来るのです。